HOME > 事業案内 > コンサルティング業務 > 竹補助事業_特用林産振興対策

竹補助事業_特用林産振興対策

 林野庁補助事業 平成30年度 木材需要の創出・輸出力強化対策のうち
「地域内エコシステム」構築事業のうち木材のマテリアル利用技術開発事業

 
         「竹のマテリアル利用に向けた効率的な竹材生産技術の開発」
        成果のご紹介

 

目的

 竹はバイオマス利用等の新たなマテリアルとしての利用拡大が見込まれている一方、伐採や搬出に係るコストが高いことにより利用が進まず、多くの竹林で荒廃が進んでいます。
 竹林の持続的な利用を推進するため、竹材のマテリアルとしての利用に着目し、その供給力の向上による未利用竹材の有効活用等の検討を平成28年度より進めております。
 
 平成30年度の成果としては、竹資源の持続的な利用を検討されている都道府県、市町村等の林務担当者や竹林の伐採事業者向けに「竹林利用の手引き2018」を作成しました。
 
      


手引き書の概要とポイント

 竹材利用を推進する上で必要となる手順について、「フロー」に基づいて手引書を作成しました。竹林利用の各ステップでどのような作業を行う必要があるのか確認し、手引書の参照すべき箇所を示すとともに、各項目について表や図を用いたわかりやすい内容となるよう工夫しました。
  とくに、マテリアル利用の可能性や最適な施業方法を検討する上で必要な情報を「竹林カルテ」(別紙1)として整理し、これに基づいて竹林整備計画の策定、施業方法の検討・実施ができるようにしました。

フロー 図

 PDFダウンロード:
      

 

3、お問い合わせ先

(一社)日本森林技術協会 森林情報グループ(担当:新妻、郡、金森)
  〒102-0085 東京都千代田区六番町7
  TEL:03-3261-5409(ダイヤルイン) FAX:03-3261-6849
  Email: m_kanamori@jafta.or.jp(金森)


          Copyright © All rights reserved
↑ページのトップへ戻る