HOME > 事業案内 > コンサルティング業務 > 生物多様性と森林生態系の保全・管理のために

生物多様性と森林生態系の保全・管理のために

 森林を知ること、それは、森林植生・気象・地形・土壌等の立地条件の把握や動物の生態、また希少動植物・猛禽類等の生息・分布状況の把握から始まります。

  日林協は、経験豊かなスタッフと学識経験者などとのサポート体制により、各種森林調査、希少動植物調査、猛禽類調査等に多くの実績を有しています。持続的森林の管理、生物多様性の保全を考えていくうえで信頼あるデータを提供するとともに、分析、モニタリング等を行っています。
生物多様性の保全(クリックで拡大) 

森林生態系(世界自然遺産・緑の回廊等)のモニタリングと自然再生

 わが国には、さまざまなタイプの天然林・人工林が分布しており、これらの森林は、地域固有の生態系を有しています。特に世界自然遺産に登録されている白神山地のブナ林や屋久杉林をはじめ各地に分布する貴重な森林生態系は、これを保護・保全し、後世まで継承していくことが求められています。

 私たちは、これら重要地域の生態系や多様性の保全を目指した各種調査、モニタリングを実施するとともに、自然再生に向けた提案を行っています。


屋久島では、植生の垂直分布が世界遺産の重要な要件になっています。ここでは、植生垂直分布のモニタリング調査や屋久島の生態系保全のための各種調査を実施しています。
屋久島の植生垂直分布

花之江河の湿原
       
小笠原諸島では、外来植物の分布調査と駆除等の自然再生事業を実施しています。
外来種(アカギ)の一斉林 :
固有種の更新が妨げられています。

外来種(アカギ)の駆除作業
       
知床や白神山地では、生態系に対する温暖化の影響をモニタリングするためのプログラム開発などを目的とした調査を実施しています。
白神山地のブナ林

羅臼岳より望む知床半島の連山
       
原生的な森林生態系の保護、動植物の保護、遺伝資源の保存等を目的に設定された保護林や緑の回廊の現状を把握するためのモニタリング調査を実施し、保全・管理、森林生態系保護区域等の見直し等に関する評価、提案を行っています。
保護林の現地検討状況

動物のモニタリング調査例
(猛禽類の採餌痕跡)

希少動植物・猛禽類の保護・保全

  絶滅が危惧される生物種の保全が重要な課題となっています。希少動植物に指定されている種の多くは、森林を生息の場としており、また種によってさまざまな環境を利用しています。これらの希少種の保護・保全にあたっては、綿密な生息状況と環境の把握が重要です。私たちは、希少動植物の保護・保全のための望ましい森林の取り扱いについて提案します。
  特に、猛禽類は生態系の頂点に立つ動物であり、その保護は重要視されています。その生息状況を把握し、生息環境を含めた保護・保全をはかることが必要です。私たちは、オオタカやクマタカ等の生息地における森林の管理方法についての調査をはじめ、猛禽類保護にかかわる各種調査を提案します。
    
  ヤンバルクイナ


アツモリソウ
   

ツシマヤマネコ
   

クマタカの行動圏、
繁殖状況調査


放置二次林(旧薪炭林)や人工林の取り扱い

 かつて薪炭林等に利用されていた広葉樹二次林は、利用されず森林整備が停滞し林地被害の発生リスクが高まっています。  

 また、人工林についても、複層林化や天然林への誘導が期待される森林が増加傾向にあります。このような森林を対象に、現地調査を踏まえた森林の取り扱いや森林の施業方法を提案します。
  
実生の発生状況調査
 
シードトラップを設置して
種子を捕捉

病虫獣害による森林被害の対策・防除

 当協会では、全国的に急増しているニホンジカによる森林被害、近年被害が拡大しているカシノナガキクイムシが媒介するナラ枯れ被害の問題を重視し、その情報収集・各種調査を通じて、被害軽減にむけての対策・防除について取り組みを行っています。


 
発信器を装着して  
シカの行動圏を把握する
 
ニホンジカの被害対策に向けて、生息密度、被害状況、捕獲手法等に関する調査、分析を行っています。  
糞粒調査状況
  

ダケカンバの枝葉が食べられて
できたブラウジングライン
ナラ枯れとは、カシノナガキクイムシという甲虫が媒介したナラ菌によりナラ類等の樹木が集団的に枯損する森の伝染病です。ナラ枯れ被害の総合的防除技術の普及を目指し、情報収集、防除マニュアルの作成を進めています。
ナラ枯れ被害状況
 

カシナガの穿入穴から出たフラス
 
↑ページのトップへ戻る