HOME > SGEC 森林認証 > 2 緑の循環認証会議(SGEC)

2 緑の循環認証会議(SGEC)


1.緑の循環認証会議(SGEC/PEFCジャパン)

 緑の循環認証会議(SGEC)(https://sgec-pefcj.jp/)は、
 

(1) 緑の循環認証会議(SGEC)は、日本の森林の自然的・社会的条件を踏まえ、2003年に国内の森林・林業・木材業界、学会、経済界、環境NPOなど広範な方面の方々の総意のもと創設された森林認証制度です。
 
(2) 一方、欧州から始まったPEFCは、各国の認証制度を尊重するというシステムのもと、今や世界の50カ国以上の加盟する国際森林認証制度です。
 
(3) SGECは社会的認知度を高めると共に認証製品の国際的地位を確立するため、2014年にPEFCに加盟し、2016年にPEFCとの相互承認を行いました。以来SGECはSGEC/PEFCジャパンとして、様々な取組みを行っています。

 SGEC認証制度についてのよくあるご質問
 

2.認証審査


  審査は、SGEC/PEFCジャパンの認定を受けた認証機関が行います。

  

3.森林管理認証

森林認証の基準は次に示す7つから構成され、さらに36の指標が定められています。 

基  準 内   容
基準1
認証対象森林の明示及びその管理方針の確定
対象森林の具体的内容(位置、所有・管理・権利、法的規制、林種別面積・材積など)が明確に示されており、また、所有者自らの管理基本方針に基づいて、当該森林についての施業計画が作成されている。
基準2
生物多様性の保全
生物多様性の保全計画は、ランドスケープレベルから代表的生態系タイプごとまでの管理計画が定められ、また、希少種、危急種、絶滅危惧種のほか、貴重な自然植生があればそれらが保護されている。
基準3
土壌及び水資源の保全と維持
 
土砂流出防止や水資源保全のために、森林の伐採・集運材や林道開設に当たって細心の注意が払われ、また、水系を化学物質による汚染から守る配慮がなされている。
基準4
森林生態系の生産力及び健全性の維持
伐採は、持続的森林経営の理念に基づき計画的に行われ、伐採方式は原則として非皆伐又は小面積皆伐がとられている。更新は施業履歴を参照しつつ適地適木の原則に基づき行われ、続いて適正な保育及び間伐が行われている。
山火事や病虫獣害の防止について普及指導を含む適切な対処がとられ、また、農薬など化学物質の使用に注意が払われている。
基準5
持続的森林経営のための法的・制度的枠組
関係する法律・条例等が順守されるとともに、地域社会の慣習的権利が尊重される。また、管理委託者や林業従事者に対しては、管理方針の理解を得るとともに、従業員に対して、生活、健康及び安全面での日常的配慮がなされている。
基準6
社会・経済的便益の維持及び増進
市民ができるだけ森林に接触する機会を提供することに努める一方、入林者に対する環境教育や安全対策にも努める。森林管理に当たって、景観、野外レクリエーションにも配慮がされ、文化的・歴史的に価値ある森林は保護されている。
また、認証森林の二酸化炭素吸収源としての機能を高めるとともに、認証森林からの林産物を消費者に適正に提供するために他と仕分けするよう努めかつ多用途に有効活用する。
基準7
モニタリングと情報公開
 
管理計画の見直しに役立てるため、森林の現況及び管理の状態を定期的にモニタリングし、その概要は原則公開とする。
対象森林について、施業記録のほか観察記録を極力残すとともに、自治体などによる広範囲の動植物モニタリングに協力態勢がある

 

4 CoC認証


 (1) CoC認証の要諦は、認証生産物に非認証生産物が混入しないことを確認の上、認証することです。

 
 (2) 具体的には、入荷から出荷に至る各工程において、認証生産物の、ア 保管・加工場所の管理方法が適切かどうか、イ 帳簿等によって適切に把握されるかどうかを確認します。

 
 (3) 山元で生産された丸太等の生産物が、加工・流通の各過程で適切に分別・表示されることにより、消費者等が認証生産物を選択的に購入することが可能となります。

 
 (4) また、紙・家具・ボードなど混合・複合した原料を使用する場合には、認証生産物の混合・複合割合を表示することとなります。

 

↑ページのトップへ戻る