HOME > SGEC 森林認証 > 8 森林管理認証の種類と審査内容

8 森林管理認証の種類と審査内容

(1) 認証の種類

 多様な所有・管理形態に柔軟に対応するため、下表の認証タイプに区分します。

 認証を希望される方は、自己の経営森林にマッチする種類を選択することができます。 

 

名  称 形  態
個別認証 個別認証は、単独の森林所有者による認証区域を単位とした森林管理認証とする。
グループ認証 グループ認証は、単一の認証書の下に多数の森林所有者・管理者で構成される認証区域を含む森林管理認証とする。なお、グループ認証の要件は別に定める。

 

(2)審査内容


*審査はSGEC森林管理基準適合性確認事項を満たしているかどうか評価することにより行います。
  FM認証規格

 満たしていない場合には、下表の指摘事項を付すことがあります。

区分 性  格 取扱方
要観察 指標を満たしているが、所定の時期までに、改善が望まれる事項。 所定の期日までに何らかの対処が望まれる。
軽微な不適合 指標をほぼ満たしているが、適合の度合いが低いので、所定の時期までに、改善が必要な事項。 認証の継続を図るためには、所定の期日までに改善を講じる必要がある。
重大な不適合 指標を満たしていない事項。是正処置の検証完了は3ヵ月を超えてはならない。 是正の後に、審査を行うこととなる。

*現地において、数日間の日程で、審査チームが森林の状況、計画書等の書類、関係者の意向等の確認を行います。

 

↑ページのトップへ戻る