HOME > 協会について > 概要・沿革

概要・沿革

大正10年(1921年) 「興林會」として、東京都千代田区に設立。事務所を麹町区上六番町に置く。
昭和13年(1938年) 農林大臣認可を受け、「社団法人興林會」となる。
昭和23年(1948年) 農林大臣より社団法人日本林業技術協会の設立認可。
昭和25年(1950年) 「林業技術協会賞」を創設・授与。
(昭和33年(1958年)から「林業技術賞」、現在は「森林技術賞」として継続実施)
昭和27年(1952年) 千代田区六番町(現在地)に移転。
昭和46年(1971年) 海外協力事業を開始。
昭和53年(1978年) 林業技士養成事業を開始。
平成16年(2004年)  「社団法人日本森林技術協会」に名称を変更。
平成23年(2011年) 新公益法人法に基づく認可を受けて「一般社団法人日本森林技術協会」に名称変更し、
移行したことによる登記及び設立。
令和3年(2021年) 「興林會」の設立から100周年を迎える。

事業案内はこちら


↑ページのトップへ戻る