養成研修

 令和4年度の養成研修は、新型コロナウイルス感染症の終息が見通せない中、その感染拡大抑止に最大限の配慮をした開講実施体制で行います。
そのため、本年は、森林リモートセンシング1級、森林GIS1級の2部門のみを開講・受講生を募集します。 

 森林情報士養成研修は、森林情報士として必要な知識・応用能力の修得とともに、その受講成果により、
森林情報士の登録資格を判定することを目的とします。

 本年は「森林リモートセンシング1級」、「森林GIS1級」の2部門を募集します。
多数の皆様のご応募をお待ちしております。
 
 詳しいご案内は、こちらのファイルをご参照ください。 〔令和4年度森林情報士受講案内(PDF)
 
 また、「森林情報士養成研修受講申込書」は、本ホームページの下記からダウンロードできます(1級のみ:PDF/Word)。
 

養成研修実施方法

 令和4年度は森林リモートセンシング1級、森林GIS1級の2部門のみを開講・受講生を募集します。
 
○応募定数: 「森林リモートセンシング1級」部門、「森林GIS1級」部門ともに
       各15名を上限とします。
       なお、受講決定者数が少数(5割未満)の場合は中止することもあります
       のであらかじめご了承ください。
 
○申込期間: 令和4年5月1日(日)〜6月15日(水)(消印有効)
 
○申込方法: 森林情報士養成研修受講申込書(様式1A(1級))に必要事項を記入、
       写真を貼付して、郵送してください。
        ※受講申込書は下記からダウンロードできます。
 
○受講資格: 受講資格については、〔令和4年度森林情報士受講案内(PDF)〕の2頁目を参照願います。
 
○日  程: 1.申込期間終了後(6月下旬頃)に、各部門の受講候補者を決定し該当の皆様に連絡します。
       2.受講候補者へ事前自己学習課題をお送りします(7月上頃)
       3.事前自己学習課題を事務局へ提出します(8月上旬頃)
       4.提出いただいた課題を確認した上で、正式に受講者として決定します。
         決定次第、開講日前日までに受講料を振り込み願います。
       5.研修期間は、8月下旬(森林GIS1級)または9月上旬(森林リモートセンシング1級)の
         5日間です。(それぞれ月曜日から金曜日。最終日に試験があります)
 
※本年から、事前自己学習課題の提出期限が早くなっていますのでご注意ください。
 事前自己学習課題により、スクーリング研修の要件を満たしていることの確認と、教科内容の理解促進を図ります。期日までに提出されない場合や内容が基準に満たない場合、スクーリング研修参加を取り消すことがあります。
 

各種申込書、申請書

各種申込書、申請書は以下からダウンロードしてお使いください。

様式1A 森林情報士養成研修受講申込書(1級) PDF形式 WORD形式
様式1B 森林情報士養成研修受講申込書(2級) PDF形式 WORD形式


関連規定

 森林情報士養成事業実施要綱・実施細則 (PDF)
 森林情報士2級に係わる大学等養成機関認定要領 (PDF)
↑ページのトップへ戻る