HOME > 技術開発の奨励 > コンテスト等公募事業

コンテスト等公募事業


 
支援事業

(平成23年に創設)

 当協会では,一般社団法人への移行を機に,会員が自発的に行う森林・林業技術の研鑽や普及等の活動を支援する事業を行います。応募のあった活動の中から,当協会が設置する選考委員会で選考された活動に対し,取り組みに必要な経費の一部を支援します。
 

支援対象

森林技術の研鑽や普及等に資する、
次のような活動を対象として募集します。
 (1) 森林技術等の調査・研究活動
 (2) 現地検討会や見学会等の開催
 (3) 講演会や発表会等の開催
 (4) 森林技術の普及活動

 
 

支援内容

一件当たり、3万円以上20万円
以内の支援金を給付します。

応募期間

令和2年2月1日〜 3月15日
★応募締切当日消印まで有効 

資料・様式

●支援要件など詳しい応募要領 ■PDF
●様式1(会員活動支援申請書) ■Word PDF
●様式3(活動報告書) ■Word ■PDF

 
■平成31年(令和元年)度の応募結果(3件)は次のとおりです。
 
 ・踏圧環境に植栽されたグイマツ雑種F1苗木の植物栄養学的評価
    支援金 金200,000円
 
 ・途上国におけるGHG排出削減 ・ 吸収量のモニタリング技術及び
  森林減少 ・ 劣化対策としての村落活動の普及活動
    支援金 金170,000円

 ・「低コスト再造林への挑戦」の出版への取りまとめおよび低コスト再造林の普及
    支援金150,000円

 
 

(昭和24年に創設)

 森林技術の向上に貢献し、森林・林業の振興に功績のあった方々を募集し、その中から特に顕著な業績のあった者に森林技術賞を授与し表彰する制度を継続して実施しております。
 
 表彰者代表は当協会の定時総会(6月下旬予定)において表彰を行います。
 ご応募に際し、当協会会員から推薦書を頂く必要があります。皆様には候補者の応募に際し、ご支援とご協力をお願いいたします。

■第65回森林技術賞募集期間 : 令和元年12月15日〜令和2年3月15日(消印有効)

■案内ポスター 【PDF

■推薦書 【Word

■森林技術賞表彰規程 【PDF

■過去の表彰者一覧 【PDF

■第64回の選考結果は次のとおりです。(令和元年6月表彰 敬称略)

所属 氏名 課題
森林技術賞 森と緑の研究所 村井 宏 2011年東日本大地震・津波による被災実態の調査研究と緑の再生技術の成果
富山県農林水産総合技術センター森林研究所 中島 春樹 ブナ科樹種の結実豊凶に関する研究とツキノワグマ出没予測等への応用
地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場 秋津 裕志 北海道産カンバ類の利用促進に関する研究とその普及
岡山県農林水産総合センター森林研究所 西山 嘉寛 スギ・ヒノキ人工林における森林管理技術の確立とその普及
森林技術賞
(努力賞)
新潟県森林研究所 武田 宏 木質資源の燃料特性とペレットの製造・品質に関する研究
長野県林業総合センター 古川 仁 気象変動に対応したマツタケ増産技術の開発とその普及



(平成元年に創設)

 森林技術の研究の推進を図るとともに、若い森林技術者育成のため、大学に在学する学部学生を対象として、森林・林業に関する研究論文(政策提言を含む)を募集し、優秀な者を表彰します。当コンテストは、毎年、林野庁及び一般社団法人日本森林学会の後援を得て実施し、林野庁長官賞、日本森林学会会長賞、当協会理事長賞を設けております。

 表彰者代表は当協会の定時総会(6月下旬)において表彰を行います。
 ご応募に際し、推薦書を頂く必要があります。皆様には候補者の応募にご協力をお願いいたします。

■第30回学生森林技術研究論文コンテスト募集期限 : 令和2年3月15日(消印有効) 

■案内ポスター 【PDF

■推薦書 【Word

■学生森林技術研究論文コンテスト実施要綱及び細則 【PDF

■過去の表彰者一覧 【PDF

■第29回の選考結果は次のとおりです。(令和元年6月表彰 敬称略)

所属 氏名 課題
林野庁長官賞 東京大学 農学部 森林生物科学専修 岩切 鮎佳 苗畑と造林地における暗色雪腐病菌の集団遺伝構造
日本森林学会会長賞 熊本県立大学 環境共生学部 環境資源学科 越河 一樹 地上レーザスキャナのための樹高推定の理論の構築
日本森林技術協会理事長賞 東京農工大学 農学部 地域生態システム学科 清水 孝一郎 亜熱帯性湿地林の樹上部と林床における大型土壌動物によるリター分解
日本森林技術協会理事長賞 北海道大学 農学部 森林科学科 片桐 琴羽 カラマツを用いたトキイロヒラタケ栽培について




(平成8年に創設)

 若手の森林・林業に関する科学技術の研究者・技術者の育成の一環として、技術開発と技術研究の課題を募集し、審査委員会で審査選考された課題について2年間に亘り研究費を助成するものです。
 また、その成果については、当会の会報誌「森林技術」に掲載しております。

   【表彰者一覧

※当該事業は平成20年度から実施を見合わせております。

 


(昭和26年に創設)

 森林、山村、里山の原風景と森林・林業に関する現場作業の写真を公募し、審査員の審査を経て優秀作品に選ばれた者に表彰・賞の贈呈を行っております。
 なお、当コンテストは、農林水産省と林野庁の後援を得て実施し、農林水産大臣賞、林野庁長官賞、当協会理事長賞を設けております。
 また、その作品は、当会の会報誌「森林技術」の表紙等に掲載しております。

   【表彰者一覧】
   第54回 森林・林業写真コンクール 入賞者一覧
   第53回 森林・林業写真コンクール 入賞者一覧
   第52回 森林・林業写真コンクール 入賞者一覧
   第51回 森林・林業写真コンクール 入賞者一覧
   第50回 森林・林業写真コンクール 入賞者一覧
   第49回 森林・林業写真コンクール 入賞者一覧

※当該事業は平成19年度から実施を見合わせております。

(参考)『森林技術』(旧称「林業技術」)の表紙を飾った会員並びに一般の皆様の写真


(昭和30年に創設)

 森林の現場第一線で実践・指導を行っている森林技術者が研究成果や貴重な体験等について、その技術事例や成果等を発表し、学識経験者等からなる審査員から優秀と審査された者を、当会の総会の席上で表彰・賞の贈呈を行っております。
 なお、当コンテストは、林野庁の後援を得て実施し、林野庁長官賞、当協会理事長賞を設けております。
 また、表彰された論文内容は、当会の会報誌「森林技術」に掲載しております。

※森林技術コンテストは、中止することになりました。
 56回の永きにわたり、ご愛顧頂きまして誠にありがとうございました。

   【表彰者一覧】 
   

 

 

↑ページのトップへ戻る