会誌「森林技術」

No.913

2018年 4月 10日 発行
○表紙写真○

少花粉スギ品種の原種苗木用の穂の採取
(茨城県日立市)
星 比呂志氏撮影

 (国研)森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センターでは,造林用苗木生産のために都道府県が整備する「採種園」や「採穂園」への植栽用として,少花粉スギ品種等のさし木苗木・つぎ木苗木(原種苗木)を生産しています。毎年,冬から春にかけて,これらの品種の原木から穂を採る作業を行っています。
No.913
                        

 目    次
 
論 壇          花粉発生源対策の推進に向けて
中村隆史  2
 
統計に見る日本の林業  木質バイオマスのエネルギー利用
林野庁  7
 
特 集          花粉発生源対策―花粉症がなくなる春は近い?
 
             林木育種センターにおける花粉発生源対策に資する品種開発への取組
星 比呂志  8
 
             無花粉スギの品種開発と普及
斎藤真己 12
 
             少花粉スギ種苗の生産と供給拡大に向けて
今野幸則 16
 
連 載          菊ちゃんの植物修行II 奮闘的ジャーニー19
             箱根の難題〜ヒメシャラとヒコサンヒメシャラ〜
菊地 賢 20
 
連 載          パリ協定と森林
             第六回 気候変動への適応
五関一博・大川幸樹 22
 
連 載          次世代につながる空中写真 第2回
             デジタル立体視の仕組み―どうしてすごいことになったのか―
中北 理 24
 
特別寄稿        森林の改善にはヨーロッパ方式の択伐林の導入を(下)
梶原幹弘 26
 
会員の広場       IUFRO RG3.03.00とRG3.06.00の合同アジア地域ミーティング報告
             ―山岳林における主伐の生産性と安全性―
山田容三 30
 
連 載          森と木の技術と文化
             第11話 家庭菜園のススメ
内田健一 33
 
養成研修        平成29年度 森林情報士養成研修合格者の声
 
             森林航測2級部門を受講して(森林航測2級部門)
永瀬哲郎 34
 
             GISと現場との架け橋に(森林GIS1級部門)
田邉博朗 35
 
本の紹介        阿里山森林鉄道
矢部三雄 36
 
緑の付せん紙      2018 ミス日本 みどりの女神 竹川智世さん 日林協を表敬訪問
一 正和 36

↑ページのトップへ戻る