HOME > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症対策に関する当協会の取り組みについて

お知らせ

新型コロナウイルス感染症対策に関する当協会の取り組みについて

 一般社団法人日本森林技術協会は、新型コロナウイルス感染症対策として、今回の緊急事態宣言の延長を踏まえ、引き続き、下記の取り組みを職場や職員に徹底させることを通じて、「ウィズコロナ」を念頭においた取り組みを進めて参ります。
 関係各位には引き続き、ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 
1.会館への入館・利用制限
 入館者へのマスク着用入館時の手指消毒の徹底、サーモカメラによる体温測定等
 
2.執務環境の確保
 職場におけるSDKsの確保や「3つの密」の回避、外部打合せはメールやテレビ会議方式等による実施、及びエアコンの適切な温度設定や換気の徹底等
 
3.出張に当たっての配慮事項
 海外渡航の原則禁止の継続、必要な国内出張における出張先の地方公共団体の対処方針の遵守、及び公共交通機関の利用に当たっての時差出勤や座席の選択等
 
4.「日常生活での留意事項」の徹底
  日常生活におけるマスクの着用、SDKsの確保、「3つの密」の回避、及び手指消毒の徹底、毎日の 検温による発熱等の諸症状がある場合の連絡・相談の徹底、十分な睡眠とバランスの良い食事等よる免疫力の向上等
以上

 
一般社団法人日本森林技術協会
↑ページのトップへ戻る