自然と住民の知恵に学ぶ
「やまとくらしの学校」

NPO法人 ECOPLUS

123この人に聞く次へ

 NPO法人ECOPLUS(エコプラス)が人口200人の新潟県南魚沼市栃窪集落に開設した「TAPPO 南魚沼やまとくらしの学校」。八海山、巻機山などを一望する豊かな自然と、そこに受け継がれてきた生活の知恵に学び、持続可能な暮らし方を見つけようと多くのひとが都会からやってきた。地域そのものが学び舎であり、同時に過疎地域の生き残りを探る試みでもあった。

概  要

NPO法人 ECOPLUS

東京都千代田区

 1992年、任意団体エコクラブとして活動を始める。自然体験や世界の子どもたち向け環境教育プログラムの提供、日本の学校との交流などを企画。2003年NPO法人化。代表の高野孝子氏は冒険家として知られる。設立当初から山村や自然の持つ教育効果を重視、全国各地を舞台としている。特に高野代表の出身地である南魚沼市の山村集落を拠点にした活動で新しいプログラム運営とネットワークづくりを目指している。
集落の人たちと初の実りを祝う収穫祭
集落の人たちと初の実りを祝う収穫祭
123この人に聞く次へ

山村力誘発モデル事業
ホームへ戻る


山村力開発モデル事業

社団法人  日本森林技術協会
  〒102-0085  東京都千代田区六番町7番地  TEL:03-3261-6683  FAX:03-3261-3840
Copyright©(社)日本森林技術協会・(財)都市農山漁村交流活性化機構