▼事業の概要 ▼応募要領 ▼優良ビジネスプランに選ばれた方へ ▲募集事業プレス

募集事業プレスリリース
森業・山業創出支援総合対策事業(林野庁平成17年度新規事業)記録

▼「優良ビジネスプラン」の選考結果の公表
▼優良ビジネスプランに関する新聞・雑誌記事の紹介


■「優良ビジネスプラン」の選考結果の公表

 (社)日本森林技術協会は、平成17年度林野庁補助事業「森業・山業創出支援総合対策事業」により、山村地域の森林資源等を活用した新たなビジネスプランを、4月1日(金)から5月25日(水)までの期間、募集しました。
 その結果73件の応募があり、有識者等によって構成された優良ビジネスプラン選考委員会において、30件を優良なビジネスプランとして選定しました。


  ▼選考結果の一覧 
  ▼選考結果の集計 
  ▼募集結果


選考結果の一覧
平成17年度 森業・山業創出支援総合対策事業における優良ビジネスプラン
No. 所在地 事業の名称 団体名・個人氏名 事 業 内 容
1 北海道 里山のフットパス等を活用した自然体験事業 NPO法人
ウヨロ環境トラスト
・ 近年、環境学習活動に利用されている本会トラストの森や周辺地域の林内のフットパスに対して標識等の整備を行い、フットパス・ ツアーなどのグリーンツーリズムを推進し、地域振興や雇用創出を図る
2 山形県 間伐材・製材所端材を用いた緑地抑草・屋上緑化資材 (有)新庄最上有機農業者協会 ・ 製材所の端材や林地残材を加工して、雑草抑制と屋上緑化の土壌飛散防止等を可能にするとともに、庭園空間のデザイン創出に資する緑化資材を販売
3 山形県 メープルの里づくり 暮らし考房 ・ 地域内の未利用資源であるイタヤカエデの樹液を活かした各種食品・飲料商品(メープルケーキなど)を開発し、ショップやカフェで販売する
・ メープルフェスタの開催により都市住民との交流・山村活性化を図る
4 山形県
(最上郡)
森のふれ愛ランド (株)大場組 ・ 「ヤナ茶屋もがみ」の産直コーナーで、新鮮な山菜やキノコのもぎ取り体験型の産直販売を行う
・ ネットショップやアンテナショップを構築し、首都圏での消費拡大も図る
5 山形県 山の恵み交流拡大事業 西川町総合開発株式会社 ・「月山ブランド」による山菜・キノコ・花木・つまもの等の生産・出荷拡大戦略と、間伐材を活用した収納庫や犬小屋などの「ミニログハウスキッド」の試作に取り組む
6 茨城県 植物繊維製品「e-鉢」の製造・販売 川田化成株式会社 ・ 端材や間伐材、竹を資材とする植木鉢を製品化する
・ 植物繊維を原料とするので、鉢のまま林地に植えることができ、森林資源を活用した循環型リサイクルが可能
7 群馬県 森林療法プログラム作成と実証 NPO法人 森の遊学舎 ・ 富弘美術館に訪れる中高年の方を森に招き、独自の森林セラピープログラムを体験してもらうことで、リピーターの定着を図る
・ 副産物として、林産物や特産品の販売や宿泊等のサービスを提供する
8 群馬県 森と牛との共生食育事業 (財)神津牧場 ・サルナシ等の 山の実を活かした新たな乳製品の開発及び山の実を生食用として消費者に提供するとともに、森と牧場の体験を通して 食育の充実と入込み客の増加を図り、地域の雇用確保を図る
9 千葉県 ガンコ山ツリーハウスヴィレッジのツリーライフスクール (株)ガンコ山 ・ 滞在型のレクリェーション活動を行うツリーライフスクールにおいて、ツリーハウスビルドをはじめ自然エネルギー技術の普及や森林の管理・利用技術を教え、里山の再生を図るとともに、地域材を有効に活用したツリーハウスキットの販売促進を図る
10 東京都 森林レジャー施設「フォレストアドベンチャー」を活用した森林再生プラン (有)パシフィックネットワーク ・ フランスで人気のある新しいレジャー施設を森林に設置し、利用者から森林整備協力金を徴収する
・ 森林整備の財源を自助努力で確保する事業モデルの確立と新しい森林レジャー産業のスタンダードを開発
11 東京都 美杉山菜園 木原造林株式会社 四季を通じて楽しめる山菜園の設置により観光客を誘致し、雇用創出と地域の活性化に寄与する
・ ワラビ、イタドリ、ウルイ、タラノメ等の山菜、育成花や栽培きのこ等を扱い、調理場も設置し、採れたての山菜を入園者が自由に調理できるようにする
12 神奈川県 信州カラマツログハウス 信州カラマツログハウス研究会 ・ 信州カラマツを利用したログハウスキッドを開発し、低価格で販売する
・ ログビルダーに呼びかけ、原木の製材・乾燥・加工・施工を自ら行う産地直結システムを構築する
13 新潟県 里山の原風景復活計画事業 魚沼市 ・ 震災復興を機に森林整備のあり方を見直し、森林資源の利用システムを確立
・ 森林整備ボランティアの受入れ、炭焼き体験工房の運営などを行う
14 新潟県 スローライフ 「クラフトランド魚沼」 奥只見郷ネイチャーレククラブ ・ 豊富な里山資源を教材とした環境教育事業、杉間伐材を利用したカヌーの製作・販売・手作りカヌー教室、除間伐材を利用した木工クラフト工房、その他陶芸や和紙などのクラフト事業を行う
15 福井県 機能性炭化資材利用促進事業 若狭森林組合 ・ 竹材や間伐材を原料とする炭化素材を、当地域に立地している原子力発電所で使用される空気濾過や自動車のフィルターとして、生産供給する。
16 山梨県 新月炭の里による黒平地域の山村活性化事業 (有)藤原造林 ・ 昔から炭焼きが盛んであった地区に炭焼きの里を復活させ、体験イベントにツアー客を呼び込む
・ 新月に伐採された木材を使った炭(新月炭)を、住宅の床下除湿剤として販売
17 長野県 省電力型ペレットストーブの開発 (株)丸山鐵工所 ・ 木質ペレットストーブの開発・改良を通じて森林資源の有効活用を図る
・ 燃料供給過程にできるだけモーターを使用しないこと(省電力) をコンセプトとする
18 長野県 山の少年・木と緑のファン育成事業 根羽村 ・ 村の交流施設ネバーランドにおいて、切り捨て間伐材や未利用広葉樹を使った、チェンソーアート、ウッドデッキづくりやリースづくり、山採り花木の育成など、モノづくりの講座を開催する
19 静岡県 森林資源クラフト事業 NPO法人 伊豆森林夢巧房研究所 ・ 伊豆の天然木を有効活用し、生の木を加工した「うつわ」づくりと地域密着した森林ボランティア活動で地域の活性化をめざす
20 静岡県 炭窯の余熱利用(炭窯サウナ)による新たな林業観光の確立 ガイアシステム株式会社
リンク1 
リンク2(ブログ版)
・ 炭を取り出した後の炭窯余熱を利用した温浴法の確立と普及
・ 炭火、焚き火を囲みながらの竹細工体験、散策による自然との癒しの場を提供するなど山村ならではの観光事業を構築する
21 滋賀県 (仮称)伊吹カヌー工房事業 米原市役所 ・ カヌー製作が楽しめる「カヌー工房」を核として、地域材・間伐材を用いた多様な木工品の製作体験サービスを提供し、製品を販売する
22 大阪府 生分解性樹脂複合木材 fA.M 株式会社 ・ 生分解性樹脂と間伐材を原料とする木粉との合成による木製品を開発し、ハウスメーカーや建材メーカーに販売
23 兵庫県 活力あるねんりん館づくり (財)大山振興会 ・ 地域の交流施設「ねんりん館」の再生により元気な山村づくりに取り組む
・ 間伐材使用による焼杉製品の製造・販売、名峰夏栗山の名水を利用したそばづくり、有害獣のイノシシの駆除とぼたん鍋の販売など
24 奈良県 深吉野ネイチャープレゼンツ事業 吉野きたやま森林組合 ・ 採算性の低い森林や放置林を、地域外の個人・団体等と有料会員契約又は賃貸契約を結び、自由に使用してもらう
・ 契約者に各種インストラクター派遣を行い、ソフトの充実も図る
25 和歌山県 北山村、緑と渓流の郷整備事業 北山村 ・ 熊野木材の流送の歴史を現代に伝えた観光筏下りや、健康食品として注目される「ジャバラ」の加工・販売など森林資源等を活用した地域づくりの経営基盤の充実を目指し、経営組織の民営化や新たな事業を展開する
26 和歌山県 世界遺産 熊野の森ing事業 熊野森林学習推進協会 ・ 林業の特性を活かした体験学習プログラム及び販売促進体制の開発
・ 体験学習の実施に伴う教材開発と、来訪者を対象とした土産用に山林資源を活用した物産の開発を行う
27 和歌山県 チェンソーアート地域定着プロジェクト 龍神チェンソーカービング組合準備会
リンク1 リンク2
・ チェンソーで丸太を豪快に削り作る創作活動であるチェンソーアートを使った複数事業を展開
・ チェンソーアートの技術講習会や競技大会の企画運営・作品の委託販売
28 香川県 ひのきっこ・小さなイスづくり運動 ベンチの会 ・ 県内のヒノキ間伐材を活用して、幼稚園児童のイスをキット化して販売
・ 毎年一定量の製品化を確保するために、入園時に親子木工教室で作り、園内で使用するという仕組みを採用する
29 熊本県 間伐材、竹材による「かんちくハウス」開発プロジェクト NPO法人 平和の種 ・ 愛知万博に建築されたバンブーエッグを手がかりに、スギ間伐材や竹を資材とするテントハウスを開発
・ ハウス栽培、ミニ温室、犬小屋、災害時の緊急非難施設として活用できる
30 宮崎県 簡易竹炭窯製作並びに普及事業 山本孫春 ・ 誰もが簡単に竹炭を生産できる竹炭窯を製造・販売し、地域の資源である繁殖力旺盛な竹の有効活用と竹炭の有する効能を有機農業に役立て、循環型社会構築に寄与する
▲top


選考結果集計

 優良ビジネスプランに選ばれた30件の起業主体別及び商品・サービス内容別の内訳は、下表のとおりです。
 起業主体は会社、市町村、財団法人、NPO、森林組合など様々です。また、観光・体験交流、木工品・木材加工、花木・食品、エネルギー関連など、商品・サービスの分野も多岐にわたり、それぞれが起業者の創意工夫を活かしたプランとなっています。

起業主体別の内訳
市町村 4
株式会社・有限会社 11
財団法人 2
森林組合 2
NPO 4
任意団体 6
個人 1

商品・サービス内容の内訳     (重複あり)
観光・体験交流・環境教育 15
木工品・木材加工 13
山菜・花木・食品 6
健康・セラピー関連 1
エネルギー関連 2
その他新用途 2


▲top

募集結果

 「森業・山業創出支援総合対策事業」による山村地域の森林資源等を活用したビジネスプランを4月1日から5月25日まで募集したところ、全国から70プラン超える多数の応募を得ることができました。
 ご協力を頂いた関係者の皆様にお礼を申し上げます。
 応募されたプランは、観光・体験交流、木工品、木材加工、エネルギー関連など多岐にわたり、それぞれ、起業者の創意工夫を活かしたプランとなっています。その概要を集計しましたので、ここに報告します。


1. 応募申請件数         73 件 

2. 応募のあったビジネスプランのプロパティ別集計


申請主体

商品・サービス内容 

都道府県
1
市町村 8
会社 22
財団・社団法人 2
森林組合ほか組合 3
NPO 6
任意団体 19
個人 12
観光・体験交流・環境教育
30
木工品、木材加工 19
木材供給、住宅 14
山菜・花木・食品 10
健康、セラピー系 5
エネルギー関連 4
その他新用途 4
             (重複あり)

▼支援セミナーの開催記録 ▼プライバシーポリシー ▼HOME

社団法人 日本森林技術協会 〒102-0085 東京都千代田区六番町7 日林協ビル3F 
TEL.03-3261-5485 FAX.03-3261-3840

Copyright:2005-2007 JAFTA